幸せで親密な人間関係を育んでいくために必要なこと

親密な人間関係とは?

親密な人間関係とは、お互い相手に理解されている、大事にされているという感覚と親しみを感じられる関係性のことです。

親密さとは、お互いが親密な関係を求めているのであれば、出会い方やお互いの立場は関係なく、知人レベルの関係、仕事の人間関係、友人関係、家族関係、親子関係など、全ての人間関係で成り立つ関係性です。

お互いが相手に理解されている、大事にされている、親しみを感じるという感覚がある関係性なので、片方はそう感じていても、もう片方はそう感じていないという、一方通行の関係は、親密な関係性とは言えません。

親密な関係性を育んでいくために必要なこと

親密な関係性を育んでいくために必要なことがあります。

それは、お互い「相手に役立つ関わりやコミュニケーション」「相手のことをわかろうとする関わりやコミュニケーション」です。

こうした関わりがどのような関わりなのかを理解するためには、人間の欲求について理解することが役立ちます。

人間の3つの欲求

人間は社会的な生き物でもあるので、欲求についてはマズローの欲求5段階説などありますが、日常生活の経験則をベースにすると、日常的な欲求は次の二つに大別することができます。

(1)自分が人間として生きていくために必要な基本的欲求
(2)基本的欲求とは別の社会的欲求や個人的な価値観に基づく欲求

(2)は、「それがあれば、自分の生活や人生を満たしてくれるものへの欲求」と「それがあれば、自分の人生に特別な満足を与えてくれる欲求」に分けることができます。

したがって、ニーズは次の3つのカテゴリーに分けることができます。

  1. 「人間として生きていくために満たされる必要があるもの(needs)」 
  2. 「それがあれば、自分の人生や生活の満足度を向上させてくれるもの(want)」
  3. 「それがあれば、自分の人生に特別な満足を与えるもの(desire)」 

needs

needsは、人間として健康的に生きるために必要なもので、人間の尊厳と安心と安全に関するものです。

例えば、 

  • 衣食住
  • こころの安全
  •  物理的な安全
  • 嫌なことをNOと言える、自分の意思に反して強いられない安全な関係
  • 自己表現をしてもOKという安心感と安全な場所
  • 助けが必要なときにそれを求めることができる安心感と関係性
  • プライバシーが守られる安心感と関係性
  • 身体の安全
  • その他、生活していくうえで必要な衣食住に関係するものです。 

want

wantは、needsを満たしてくれるだけではなく、自分の生活や人生を充実させてくれる、楽しさや豊かな体験をもたらしてneedsの満足度を高めてくれるもので、個人の考え方や価値観や趣向に沿った欲求です。

例えば、 

  • 自分が好きと思う興味がある物を手に入れることや、好きと思う興味がある活動をすること
  • 今の生活をさらに快適にしてくれる物を手に入れること
  • 今よりも個人的にも社会的にも満足を感じられる仕事をしたり社会的に何かを実現すること
  • その他、QOLを向上させてくれるものです。 

desire

desireは、needsやwantと異なり、ステータスや特別な付加価値のついたものを求める欲求です。

例えば、

  • 他者から注目される社会的に地位がある職業につくこと
  • 高級な品物や設備を手にいれること
  • 特別な待遇を求めること
  • 特別な権利を得ること
  • その他、社会的、文化的に特別とされているものや待遇や地位を求めること

親密な人間関係を育むたに必要不可欠なこと

親密な人間関係を育むために必要不可欠なのは、お互いのneedsに関心をもって関わりをもち、コミュニケーションしていくことです。

それが「相手のことをわかろうとする関わりやコミュニケーション」です。

この関わりは、共感的なもので、白黒つけたり判断や結論を出すためのコミュニケーションではなく、相手のneeds、ここでは現実的なものだけではなく、「考え」「気持ち」「感情」「体験」など内面的・主観的な体験を受容することも含まれます。

ここで大切なのは、相手に自分のneedsをわかってもらおうと思うと、自分自身で自分のneedsに気づいていることが必要です。また、相手のneedsをわかろうと思うと、自分自身のneedsに気づいていることも必要になります。

相手のことを思ってわかっていると思っていても、話が噛み合わなかったり、誤解が生じたり、いくら理解を示してもわかってもらえた気がしない時は、お互いまたは一方が自分自身のneedsがよくわかっていなくて、自覚なく相手に合わせていることもあります。

相手の立場に立って、「考え」「感じ」て想像して受容していくことが大切になります。

親密な人間関係を育むために必要なこと

親密な人間関係を育むために必要なのは、お互いのwantに関心をもって関わりをもち、コミュニケーションしていくことです。

相手のneedsがわかると、次は、それをどのように満たしていくのか現実的なことが必要になります。

この時、相手の大切にしている価値観や好みなどにそった満たし方を実践できると、それが安心感や信頼の礎になっていきます。こうした関わりが「相手に役立つ関わりやコミュニケーション」です。

wantについては、それぞれ求めるものが異なることはよくあることで、それは、一種の異文化交流のようなもので、違いを受容しつつ、親密な関係を育むには、「お互いの人生や生活を充実させたり、幸せを感じられること、豊かさを体験できる「物」や「事」を発見して、お互い大切にする努力を続けていくことです。

一方、wantを重視しneedsを軽んじた人間関係は、お互い相手の必要性に応えていく信頼関係があったとしても、お互い、相手をわかろうとする関わりやコニュニケーションがないと、虚しさや寂しさがよぎることがあり、何か行き違いや誤解があると、利用されているような体験をすることもあります。

DVやモラハラ、パワハラを行う人たちは性別関係なく、wantや次のdesireを重視しneedsを軽んじている人たちが一定割合存在しています。

親密な人間関係を育むために必ずしも必要はないが、花を添えてくれるもの

親密な人間関係を育むために必ずしも必要はありませんが、その関係に花を添えてくれるのがdesireです。

desireは満たされると刺激的であったり大きな喜びを体験できます。

しかし、一方で、お互い人間として分かり合える関わりやコミュニケーションが成立していないと、一時的または一定期間は満足する関係が成立するとは思いますが、needsは満たされることはなく、親密な人間関係は育っていきません。

そして、よくあるのは、desireを重視し、needsやwantの価値を軽んじた人間関係だけだと、どんなに沢山の人との付き合いやネットワークがあっても、どこかで、寂しさ、悲しさ、孤独を感じてしまい、その孤独はdesireを満たし続ける努力だけではなくなりません。

大人同士の親密な人間関係の秘訣

人はいろいろな出会い方があり、人間関係もいろいろな始まり方があります。

どんな出会い、始まり方でも、お互い親密な関係にしていきたいのであれば、お互い「相手に役立つ関わりやコミュニケーション」「相手のことをわかろうとする関わりやコミュニケーション」を続けていく努力が必要です。それが大人同士の親密な人間関係の秘訣です。

(2014-07-07 文責 池内秀行)2023-11-29一部改訂,2023-12-1一部改訂


ご 案 内

こんにちは。カウンセラーの池内秀行です。

人それぞれ、いろいろな生き方と価値観、関係性があります。

自分自身の状況や状態、人間関係がどのような状態なのか、それを理解するだけで解決に向けて大きく前進することも沢山あります。

ニーズに応じて、個人セッション、カップルカウンセリング、ペアカウンセリング、家族カウンセリング・トラウマカウンセリングを提供しています。

初めての方も安心してお越しいただける環境を心掛けています。

東京・恵比寿での面談セッション、国内在住・海外在住の方を対象にしたリモートセッション(Zoom_Skype_LINE_電話)を行っています。

お申込みは、予約状況をご確認の上、申込フォームまたはお電話でお申込みください。

お問い合わせはお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。


お電話でのお問合せ
TEL:03−5793−8806
受付時間 9:00〜21:00(不定休)
セッション中は、お電話を取ることが出来ませんので、転送の留守番電話になっていることもあります。予めご了承ください。

メールでのお問合せ



セッションルームのご案内

セッションルームは、東京・恵比寿ガーデンプレイス内にあります。
所在住所は目黒区三田になりますが、渋谷区恵比寿と品川区上大崎(長者丸)の行政界に位置していますので、近隣の目黒区中目黒、目黒区目黒、渋谷区代官山町、渋谷区東、渋谷区広尾、港区白金台からも徒歩圏内の距離です。最寄り駅は恵比寿駅(JR_地下鉄)、目黒(JR_地下鉄)です。広尾(地下鉄)、白金台(地下鉄)、中目黒(東急_地下鉄)からも徒歩圏内です。