自分の感情に気づいていく

自分の感情に気づいていく

どんな感情も生きていくために大切なものです。

しかし、怒りや悲しみなど、感じることが不快な感情や、その感情を感じることを他者に否定されたり批判される感情もあります。

特に、身近な他者に感じることを否定されたり批判されることが続くと、自分自身でその感情そのものを否定し、感じないように努力するようになっていきます。

その努力が実っていくと、それはいつしか生きづらさになっていきます。

なぜなら、どんな感情も、自分にとって大切な何かを教えてくれたり、自分を守るために必要な何かを教えてくれる大切な人間として生きていくために備わっている人間としての大切な機能なので、感じないようにする努力は、その機能を自分自身で抑え込む努力になっているからです。

感じないようにする努力よりも、自分の感情に気づき、感情の動きを観察していくことが大切です。

気づくのに時間がかかるものもありますが、自分の感情に気づき、感情の動きを観察できるようになっていくと、自分の感情が教えてくれていることがわかり、理解できるようになっていきます。

そこから、そのために必要なことを自分のペースで実践していくと、生きづらさは解消されていきます。

自分の感情が教えてくれていることに気づき、理解できるようになると、自分にとって良い選択が出来る確率が高くなっていきます。

プロカウンセラー池内秀行

Becoming aware of your emotions

All emotions are important for life.

However, there are also emotions that are unpleasant to feel, such as anger and sadness, and emotions that are denied or criticized by others for being felt.

Especially when we are continuously denied or criticized by others close to us, we begin to deny the emotion itself and make an effort not to feel it.

When this effort succeeds, it will eventually become a difficulty to live with.

This is because every emotion is an essential human function that tells us something important about ourselves and something we need to protect ourselves. 

Efforts to avoid feeling emotions are the same as suppressing an essential function in ourselves.

Rather than making an effort not to feel, notice your emotions and observe the emotions in motion.

Some emotions take time to notice. However, as you become able to notice yours and observe the emotions in motion, you will begin to see and understand what your emotions are telling you.

Then, if you practice what you need to do at your own pace, and the difficulty of living will disappear.

As you become aware of and understand what your emotions are telling you, you will have a better chance of making good choices for yourself.

Hideyuki Ikeuchi, Professional Counselor

自己効力感・自己肯定感・レジリエンスを育んでいく視点や考え方の最新記事8件